言葉」カテゴリーアーカイブ

「花」と「華」の違いとは?

結婚式やお祝い事などめでたい席には必ず登場し、季節ごとに美しく咲き誇る「花」と、「はなのある人」などと言うときに使う「華」。
読みが同じで使い分けが難しいですが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。 続きを読む

「生い立ち」と「育ち」の違いとは?

劇的な人生を歩んできた人物を評するために使われることもある「生い立ち」と、育ちが良いなどの形で日常会話でもよく使われる「育ち」。
似た意味のこの2つの言葉には、どのような違いがあるのでしょうか。 続きを読む

「対応」と「応対」の違いとは?

「対応」と「応対」という言葉は、ビジネスの場面などで使う機会の多い言葉ですね。
順序が反対になっていますが、意味が近いため使い分けが難しい言葉です。
この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。 続きを読む

「懐古」と「回顧」の違いとは?

昔のことを思い出すことを意味する「懐古」と「回顧」という言葉。
意味が似ていて使い分けが難しいですが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。 続きを読む

「穴」と「孔」の違いとは?

日常会話の中でよく使われることのある「穴」と、時々見かけることのある「孔」という言葉。
使う場面が似ていて違いがわかりにくいですが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。 続きを読む

「荒い」と「粗い」の違いとは?

「気性が荒い」などと使われる「荒い」と、「目が粗い」などと使われる「粗い」。
何気なく使っていますが、違いがわかりにくい言葉です。
この2つの言葉にはどのような違いがあるのでしょうか。 続きを読む

「検討」と「見当」の違いとは?

「検討」と「見当」という言葉は、どちらもビジネスシーンなど様々な場面で使われる言葉です。
この2つの言葉にはどのような違いがあるのでしょうか。 続きを読む

「重体」と「重態」の違いとは?

命の危機にさらされている状態を「重体」や「重態」と言うことがあります。
どちらも深刻な状態のことを表しているのはわかりますが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。 続きを読む

「十分(充分)」と「存分」の違いとは?

日常的によく使う言葉で満ち足りている時などに使う「十分(充分)」と「存分」という言葉。
使い分けが難しいこの2つの言葉にはどのような違いがあるのでしょうか。 続きを読む

「基準」と「規準」の違いとは?

生きていく上で何かを判断する際には「基準」や「規準」を参考にして決めることが多くありますね。
意味が似ている「基準」と「規準」の二つにはどのような違いがあるのでしょうか。 続きを読む