言葉」カテゴリーアーカイブ

「適量」と「適宜」の違いとは?

料理番組などでよく使われる言葉に「適量」と「適宜」があります。
レシピなどでも頻繁に使われるこの2つの言葉にはどのような違いがあるのでしょうか。

「適量」と「適宜」の意味の違い

「適量」と「適宜」は、料理のレシピの中で調味料の量などを指示する際に使われることの多い言葉です。

「適量」とは適切な量という意味です。
「適量」と言われた時には該当する調味料を必ず入れることが必要で、その量については適切だと思われる量を自分で判断して入れます。

「適宜」の場合には、必要に応じて調味料を入れることになります。
塩を「適宜」入れてくださいと言われた場合には、塩が足りないと判断すれば入れるし、足りていると判断した場合には入れる必要はありません。
量についても、味の調整に必要な量を自分で判断して入れます。

「適宜」については、ビジネスや日常生活など他の場面で使われる場合も多いです。
「書類に適宜加筆してください」などの表現を聞いたことのある人も多いでしょう。

「看病」と「看護」と「介抱」の違いとは?

病気などでに苦しんでいる人の面倒を見ることを表す言葉に「看病」と「看護」と「介抱」があります。
何気なく使い分けていますが、この3つの言葉にはどのような違いがあるのでしょうか。 続きを読む

「髪」と「髪の毛」と「頭髪」と「毛髪」の違いとは?

頭部に生えてくる毛の呼び方に「髪」「髪の毛」「頭髪」「毛髪」があります。
基本的には同じものを指すこの4つの言葉にはどのような違いがあるのでしょうか。 続きを読む

「海胆」と「海栗」と「雲丹」の違いとは?

寿司ネタとしても大人気の「ウニ」は漢字で書くと「海胆」「海栗」「雲丹」の3つの書き方があります。
同じ「ウニ」を表していてる3つの漢字にはどのような違いがあるのでしょうか。 続きを読む

「最近」と「近頃」と「この頃」と「昨今」の違いとは?

現在を起点にしてそれほど遠くない過去を表す言葉には「最近」「近頃」「この頃」「昨今」があります。
使い分けの難しいこの4つの言葉にはどのような違いがあるのでしょうか。 続きを読む

「辞任」と「辞職」と「退任」と「退職」の違いとは?

仕事や役職をやめる時などに使う「辞任」「辞職」「退任」「退職」という言葉。
使われ方が似ていて違いがわかりにくいですが、これらの言葉にはどのような違いがあるのでしょうか。

「辞任」と「辞職」と「退任」と「退職」の意味の違い

まず「辞任」は任務を自分の意志で辞めることです。
任務は辞めるけれども、職自体は辞めない場合に使います。
よくあるのが、大臣が問題を起こして「辞任」する場合。
大臣は辞めても、国会議員としての職はそのまま継続します。

「辞職」は職を自分の意志で辞めることです。
こちらは、自分がそれまで就いていた仕事自体を辞めることを意味します。

「退任」と「退職」も同じ考え方で、「退任」は任務を退くことで、「退職」は職から退くことです。

なお、「辞任」「辞職」と「退任」「退職」では、含まれるニュアンスが違います。
「辞」が含まれている時は自分の意志で辞めること。
「退」が含まれている場合には自分の意志で辞める場合と、定年など他からの都合で辞める場合も含まれます。

「弁済」と「返済」の違いとは?

聞く機会の多い「返済」という言葉と、近い意味を持ちながらあまり使わない「弁済」という言葉があります。
使い分けが難しいこの2つの言葉にはどのような違いがあるのでしょうか。 続きを読む